大阪府・大阪市合同研究集会の報告

第49回大阪府・大阪市合同研究集会が、12月2日(金)に八尾市文化会館で、
「創造・想像」~学びを広げることばの世界~ の研究主題で開催されました。
  こちらにその報告を順次掲載します。 府・市合同の報告 

 以下が、<部会の構成>です。
  小学校部会
   もっと広がれ絵本の広場~絵本の広場を楽しもう~      
   図書館だよりを活用しての学び方の指導と子どもを読書へいざなう取り組み      

  中学校部会
   読書体験から得た感動~読書感想画の指導~
   学校図書館補助員さんとともに
      
  高等学校部会
   ICTの導入で生徒たちの学びはどのように変化するのか

<講演会>
  ≪演題≫ 「絵本で子どもたちに伝えたいこと」
     ≪講師≫ 長谷川 義史さん(絵本作家)

「司書教諭研修会」の報告   

 2016年11月2日(水)に、ドーンセンターで開催されました
司書教諭研修会(大阪府SLA・高図研共催)の内容をご覧ください。

  ○「司書教諭としての実践活動報告」
    これは、『学校図書館』(全国学校図書館協議会)
      4月号~10月号で紹介されたものです。
   「学校図書館利活用を広げるために」
   「豊かな学びを支える学校図書館」
        『学校図書館』4・5月号(1.75MB)
   「教科等のコラボで図書館活用を広げる」
   「アクティブ・ラーニングを支える図書館活用」
   「図書委員会活動を活性化させる運営をめざして」
        『学校図書館』6・7・8月号(2.62MB)

   「図書館をみんなのものにするために」
   「すぐに取り組める図書館活用」
        『学校図書館』9・10月号2.44MB)

    報告者 熊取町立熊取中学校 司書教諭 紀之定 美千代 先生
           
  ○「実践報告「授業における図書館の利活用~授業担当者の視点から~」
    図書館を活用した英語授業の取り組み事例紹介と実践ご報告
  多読=週1回 50分の内20分  
   生徒は好きな本を選び1冊選び、多読3原則に従い多読をする
   可動式机と椅子、えんたくん
       URL:http://www.段ボール.net/contact/ 
    などを使用し、協同学習を進める
   Ex.) 授業にて取り扱う宇宙に関する事柄を調べ、
    仮説を立て即興で発表する など

    報告者 大阪府立箕面高等学校 教諭  森田 卓也 先生
   
 <大阪府学校図書館協議会研究部より>
 司書教諭としての経験が浅く、これからどんなことをしていけばよいか考えているという参加者や、他校との交流が少なく、図書館運営のアイデアがもっと欲しいという参加者にとって、両先生の話は非常に具体的でわかりやすいものであった。
 交流会では、日ごろの悩みなど参加者の様々な思いが出され、小学校、中学校、高等学校、支援学校と異なる校種の参加者の間で活発な意見交流がなされた。近畿等の大会には参加できない関係者に、身近で参加しやすい研究会を提供するのが、今後の本研究集会の在り方になるのではないかと考えさせられる機会となった。
 司書教諭、学校司書の配置の問題、身分保障、特に高等学校現場での担当者不足に関して、どのような情報提供、あるいは今後の展望が示せるのか。また、指導要領の改訂に伴う学校図書館の役割についての検証なども、今後のテーマとして考えていきたい。

 <交流会まとめ>
  森田 卓也 先生 の指導の下に行った交流会のまとめです。

  

感想文コンクールの結果

 第62回(2016年度)大阪府青少年読書感想文コンクールの結果を掲載します。

      入賞一覧表   
            (黄色の部分を訂正しました)

  今年度の課題読書の審査では、作品の内容について、
特選にあたるものがないと判断されました。

    大阪府応募作品数

 特選作品は、全国コンクールで審査されます。

感想画コンクール応募要項

第34回大阪府青少年読書感想画コンクールの
 応募要項と送付票を掲載しました。
上の、 「コンクール」
       ↓
   「読書感想画コンクール」
 と進んでください。

(対応する全国コンクールは、
  <第28回読書感想画中央コンクール>です)
また、表彰式の日程が、2017年2月19日(日)
   会場が、エル大阪 
に変更されます。