私立中高図研 研修会(冬)の報告

平成30年12月6日(木)大阪私学会館にて研修会を開催しました。

大阪大学大学院の助教でビブリオバトル普及委員会普及委員、池内祥見(いけうちよしあき)先生を講師に迎え「ビブリオバトル」について歴史と内容、現状について学びました。

「人を通して本を知る.本を通して人を知る」というキャッチコピーのもと、教育効果として「読む力」・「聞く力」・「話す力」への影響をはじめ、コミュケーションゲームとしての楽しみや留意する点等について学ぶことができ、様々な実践例も紹介いただきました。

講話に続き、参加者が4~5名のグループに分かれ、公式ルールに則り「ビブリオバトル」を体験しました。

バトルの後、池内先生よりアドバイスもいただき、会の終了後には持ち寄った本を参加者みんなで共有し、交流することもでき、大変充実した研修会となりました。

講師の池内先生はじめ、参加された皆さんには御礼申し上げます。

なお、当日講話いただいた内容については、ビブリオバトル普及委員会の公式ホームページで知ることができます。ビブリオバトルも進化を続けています。最新の情報を確認する上でも公式ホームページでご確認下さい。

知的書評合戦ビブリオバトル公式サイト → http://www.bibliobattle.jp/

※当日のビブリオバトルで紹介された本はこちらです。

Updated: 2018年12月15日 — 9:23 AM
大阪府高等学校図書館研究会 © 2018 Frontier Theme